« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

移籍。

別府選手が「ディスカバリーチャンネル・プロサイクリングチーム」から、

2008年シーズンは、”オランダ”の

「スキル・シマノ・プロフェッショナルサイクリングチーム」へ

移籍した。と発表があった。(2008年 1シーズン契約)

 

ようやくホッとできました。

どのチームに行くのだろうか?とだいぶ思案していたので、

気分的にわたしも落ち着きました。

やはり、どこのチームにも属さずに、日本へ・・・・

だったら、ちょっとさみしい。

世界で、UCIプロツアーでがんばって走って欲しい。

昨日の夜には知っていた情報なんですが、

明けて今日になって見たら、

あちらこちらで書いてありますね。

ニュースが。

来シーズンも本当に楽しみです。

わたしも負けないように、ガンバラネバ。

スキル・シマノのジャージ買って、

走り出そうかな。

そうしたら”フミ”みたいに速く走れるかな?

| | コメント (2)

2007年9月28日 (金)

ストップ&ゴー or ロングストレート

先日まで帰宅は、道順を変えてストップ&ゴーの多いルートにしてました。

で、昨日・一昨日から元のルートに戻してみました。

そしたら、やはりというか、まぁ当然というか

タイムを短縮13分台。

やはり、ストップ&ゴーで踏む練習していたのが、

効果あったようです。

今日は、昨日の世界選手権のカンチェッラーラの影響で

朝から大暴走。

かなり脚を使っていい感じでした。

(レコードにまでは至りませんでしたが)

なので、今日の帰宅時までに

脚を作っておいて、

おもいっきり はじけたいと思います。

って、事故だけには気をつけなきゃですが。

気持ちいいほどの快走を見せたカンチェッラーラ。

わたしもあれほどの足を身につけたいですね。

って、Av50キロなんて、怪物クンだぁ。

そんなスピードで走り続けてみたい。

スピードへの挑戦はまだまだ続きます。

| | コメント (2)

2007年9月26日 (水)

だいぶ 空けてしまいました。

いやー、楽しみに見にきていただいた皆さん。

ホント、すいません。

先週、今週と、期末(19年度上期末)なので、

仕事が、高田馬場押しなんです。(量がおおくて目白よりも先に行っています)

先週末は、帰宅時に事故に巻き込まれそうだなぁって事があった

その翌日に、やはり帰宅時に、

ウチの近所にて自転車事故。

レスキューと、救急がきていました。

自転車は自転車の形をしていませんでした。

高校生らしき人が友人らと帰っていた時に起きたみたいです。

やはり、

「明日は、我が身」

気をつけねばとおもいます。

 

日曜は、嫁さんとふたりで、デート(笑)

三重は名張の「赤目四十八滝」まで行ってきました。

滝壺の近辺の近くを歩くたび、

「あ~、ありがと~ マイナスイオン・・・・」

って感じでした。

気持ちいいです。

自然の中を歩くのは。

あそこはビンディングシューズではムリです。(当り前か)

全部を回ってきていないので、

次回(いつになるかわからないが)にリベンジしたいと思います。

当日、脚が棒になりかけたものの

筋肉痛にはなりませんでした。

やはり、これもジテ2の賜物?

 

今週もまだまだばたばたしているので、

更新できるのはいつかわかりません。。

皆様のところもなかなか見にいけてません。。

どうぞお許しを。

さぁ、明日からの仕事、おもいっきりがんばるぞー。。

| | コメント (2)

2007年9月21日 (金)

お彼岸だというのに、

昔から「暑さ、寒さも彼岸まで」とはよくいったものですが、

今年は例外のようで、

いまだに   ア・ツ・イ   です。

しかも昨日の多治見は34℃。

近辺の明智町に行っていたので

その恩恵にあずかりまくり。

熱中症になりそうでした。

しかし、まぁ、8月の太陽よりも

陽射しが痛いのはなんなんでしょうか?

昨日は、その中でクレーン作業と

機械の横持ち作業。

まー、作業より、暑さがかなわんです。

今日も陽射しがジリジリと差してきます。

ギラギラ太陽だけならまだしも。

ということで、昨日は帰りは脚が棒でした。

といっても、アタックはかけるので、

50キロ近くは出したりしますが。

やはり、脚の疲労は残っています。

また、暑くて、夜もなかなか寝付けないわ、寝てもまた起きるわで、

最近はスイミンブソク気味でもあります。

ほとんど”スイミンブソクスクール”といった感じでしょうか?

 

寝られないのは、正直つらい。。

| | コメント (8)

2007年9月18日 (火)

どうしてもというか、

やはり、チェーンは潤滑されてないとだめですね。

今日はカミハギさんは休み。

でも、チェーンはキーキー音を立て始めた。

で、家へかえるなり、

チェーンにウェットルーブを。。

私にはどうもドライルーブは合っていないかも。

油膜が切れてしまうんでしょうね。

車も先日オイル交換したら、

シャンシャン回るようになっていたので、

チェーンのオイルもやはりきちんと注さないとですね。

ドライを使う方が結構多いと思います。

ウェットはどうしても、汚れやほこり、砂などをよびますからね。

ただ、雨の中走るとやはりウェットルーブに歩があるようで。

私はフィニッシュラインの緑の入れ物のウェットルーブを使ってます。

皆さんは何を使ってますか?

今気になっているのは、

これまた、フィニッシュラインのゴールドのボトルのセラミックタイプです。

これ、使っている方いませんか?

注すとなると、今のウェットルーブはやはり洗浄でしょうか?

兎にも角にも、明日の通勤で、潤滑されたチェーンで

ペダルを踏むのが楽しみでなりません。

| | コメント (2)

2007年9月15日 (土)

しかたないんだけれど、

朝は思いっきり晴れていた名古屋です。

今朝は本当にのりたかったぁ。

しかし、今日は車の点検&タイヤ交換。

ディーラーの方が来るのでどうやっても

乗っていかないと。

晴の日に車に乗るのって、なんか後ろ髪引かれる思い。

乗りたいという想いがだいぶ強かったです。

そうこうしているうちに、

空はみるみる曇りだし、

雨が降り出す始末。

トラックの点検もままならない。

車も取りに来たので、渡して、

今度は大雨。

どーなっとるんじゃ、今日の天気は。

帰りの心配しなくていいけど、

なんか憂鬱。

やっぱり、普段乗っているものに

乗れないと”不便”を感じますね。

(自動車のほうが不便ってのもどうかと・・・)

| | コメント (4)

2007年9月14日 (金)

ツール・ド・北海・・ぃぃ?

デンワにて、

長野に居を構えている、わたしが師として仰いでいる、運送会社の社長さんと

打ち合わせの会話中・・・・・・。

「北海道で、ツール・ド・北海道はじまったぞ? 出てるんじゃないのか(笑)」

「観ていたけど、見つけられんかったゾ。」

と。

まさか出ているわけはないんですが。

ちょっとかまってもらえて嬉しかったです。

自転車ネタでなかなかしゃべらないんで。

今月の仕事のオーダーいただきまして、ありがとございまーす。

ツール・ド・北海道はじまったんですよね。

で、Jspoで栗村さんが出てこないわけだ。

ちょっとザンネン。

でも、今年で”チーム ミヤタ”が解散してしまうので、

ものすごくザンネンです。

シマノスズカの国際ロードの時にカメラもって、

コースに出て行った栗村さん栗村監督)。

さー、来期はどうするんでしょう。気になってます。

 

ヴエルタはヴエルタで、ペタッキが2連勝。

うーん、トム・ボーネン なかなかきませんねぇ。

がんばってほしい。

ベッティーニは1勝しているので、

今日こそ、トムに1勝してもらいたい。

スプリンター向けのコースだから。

(ん、ってことは、ペタッキも来るでないかい?スプリンター向けのコースなら)

| | コメント (2)

2007年9月13日 (木)

空気はともだち。

走っていて時々、速度が出ているのに時間の流れがゆっくりになって、

空気の流れが見えるときがある。

なんとなーくではあるが、トラックや乗用車の上や横から巻き込む

風の流れをみると

「この中に入ると、スリップストリームには入れるのか」

と思ったりしてます。

流体力学は、小学校のころから好きで、

飛行機の翼や、船の船底の形で、どんな風に流れたら(流したら)

効率よく進むんだろうなんて考えていた。

小学生にしたら複雑怪奇なことが面白かったんでしょうね。

いまだに流体力学は好きです。

工業大学なんかに進んでいたら、思いっきり専攻していたでしょう。

F1でもこんなところを基準にマシンを眺めてます。

このデザインはどうやって・・・。

これが面白いんですね。。

エアロダイナミクス大好きっ子。

師とする人は、ロリー・バーンとエィドリアン・ニューウィー。

あったことはないですが、

空気と友達になっている人はすごいと思います。

カノーバに乗っている時に

空気抵抗の少ないフォームをいつもかんがえながら、

前走の車の空気の流れの中にもぐりこむ事を理想としています。

集団の中もいいですが、

先頭で空気抵抗を受けながらでも、いかに抵抗を少なくするかが

いまの課題ですね。

| | コメント (6)

2007年9月11日 (火)

雨に謳えば

これって前に書いたお題だったっけか?

まぁいいや。今回は雨のお話。

今日の朝は結構降りそうにない天気で、

カノーバで出撃。

 

足の疲労はややあるかな~ってかんじですが、

無理をせず回転重視でケイデンス100~110

スピードは出なくてもまわしてました。。

 

夕方ごろから、やや、やばいかな~って感じでしたが

4時すぎごろから

やってきました。降ってきました。雨、あめ、アメ。

さーて、帰りどうするべ、、、、、、

豊田からの帰り道、名古屋高速ではそんなに降っていなかったですが

北名古屋市、岩倉市、と、だんだん降りだしました。

ワイパーもカックンカックンと、間欠では追いつかないくらいの雨。

帰れるかしゃん。

 

仕事も終業。さぁ、いよいよ帰宅。

 

レーパン、ジャージに着替えて、雨の中にとびだします。

とびだせ、青春!!(爆)・・・・なんのこっちゃ。

で、雨ん中へとびだして、

一路、自宅へ。

水たまりも多いので、すぐ、シューズもズクズクになってしまいます。

でも、疲れていた脚とは思えないほどのパフォーマンスを

雨の中で発揮。

ドーピングもドラフティングも何もなく、

”50キロ”巡航。

マックス52キロ。

まったく、晴れも雨も関係ないようです。

かえって、雨の方が体温上昇がない分だけ楽なんでしょうか?

水たまりでザブンザブンしながら、前走の車を追いかけます。

距離がぐんぐん詰まります。

メーターは50キロ台で推移。

なんだかんだ言っても、雨の中でも楽しんでしまいます。

ただ、ブレーキだけはやや効きが悪いようで

早めのブレーキングを心掛けます。

サーキットではないから、奥まで突っ込んだら、事故ってしまいますから。

途中、雨が強くなってかなり打たれもしましたが、

打たれ強いですねー。

びくともしません。

ガシガシこいで、ラストのアタック。

ここでも50キロ台。

ずぶぬれになってかえってきました。

ジャージもかなり絞れそう。

レーパンもズクズク。

靴んなかでは金魚が飼えそう。

でも、帰ってきて、気持ちはとても満足。

シートポストにはかなり水が溜まってました。

全て、今日のうちにメンテ終了。

吹き上げて汚れもきれいに。

あす、晴れたらまた乗りますからね。

今日はごくろうさん。

私は風呂にもはいってもう大丈夫。

カノーバも水気をきって室内へ。

なんだかとても充実した帰宅でした。

ジャージの中にはインナー着て走ったので

寒くなかったですよ。

秋の気配のする雨。

一番感じた今日の帰宅でした。

| | コメント (4)

2007年9月 8日 (土)

ヒルレンな人々。

今日は朝7時出勤で三重の桑名行き。

「その手は桑名の焼き蛤」で有名な桑名市です。

(当たり前田のクラッカーじゃないですよ。)

朝はもちろんカノーバ通勤。

連日の酷使がたたって、今日は平均速もやや低め。

なので、時折アタックもしながらですが、

ややゆるめな通勤でした。

でも、Maxは45キロです。

ダッシュを入れないとなんか物足りなくって。

なんだか、通常でもレースモードは抜けないようです。

現場も昼で終わり、木曽三川公園の近辺で昼食。

そうすると何名かのローディーが、

ヒルレンしていました。

こんな天気のいい日ですから、乗らなきゃソンソン。ってな感じなんでしょう。

帰社中でも、堤防道路で、河川敷のサイクリングロードで、市街地で

何名かのロード&MTBを見かけました。

みんな、乗りたいんですねぇ。

わたしも、早く乗りたいんですねぇ。

今日の帰りには脚はまだ復活してないけれど

やっぱり乗って走りたいです。

来週はカミハギさんに、あの、”ピナレロ プリンス”がくるので

ちょっと楽しみ。

(おいらんでありんす。ではないですよ。)

シマノ・スズカでも見かけましたからね。

試乗車は。

カノーバとの違いが興味津々かな。

食指は動かないけれど。

あれだと、”パリカーボン”かなぁ。やっぱり。

| | コメント (6)

2007年9月 7日 (金)

強風の中。

名古屋地方は、夜が明ける前に台風は去ったと思われます。

ウチの被害は何もありませんでした。

ジャージを外で干していたら飛んでいってしまったかもしれないですけれど。

昨日は夕ご飯のときに、以前買った”opera”のスパークリングワインを開けました。

ようやっと飲める感じです。

いつも冷蔵庫で横になっていたので、

けっこう不憫に思っていたんですが。

昨日のメニュー 豚のしょうが焼きと一緒にいただきました。

うまかったです。

自分の自転車と同じ”opera”なんだかうれしいですね。

夜中にふと起きて、JSPOでヴエルタをみてました。

残り20キロ。

やっぱり、酔いが残っていても

モチベーションが上がってきます。

途中の巡航が44キロぐらいと出て、

めっチャめっチャ人間離れしているわけではないんだと安心

(100何十キロ走ってきてそのペースってだけで人間離れしているって)

している時点で酔ってますね(汗)

瞬間40~60何キロ台ってのはどこでもできますが、

持続するのは大変です。。

あぁ、あれぐらい走れるようになりたいなぁ。

 

今日は台風一過の向い風の中きました。

向い風で30キロ台で走るのはやっぱりしんどいです。

でも、それで脚力がついたり、空気抵抗を減らすフォームができるなら

それもいい練習ですね。

横からの風なら、推進力に替えられますが、

正面の風は、風洞実験室に入っているようです。

前になかなか進んでいません。

帰りには風向き変わるんでしょうか。

変わらずにそのままなら、追い風で、ものすごい記録が出せそうです。

| | コメント (4)

2007年9月 6日 (木)

台風が来てますが・・・

今日はこちら方面に台風が来てますが、

やはり、というか懲りないというか、

カノーバで出勤なんですねぇ。

やはり、乗る時間をちょっとでも多くとりたいと思うと

雨が降るかも っていう天気でも、乗ってしまいます。

雨がポツリポツリと降っているようで

空の方は鉛色。

降るのかなー、降らないのかなー、という葛藤もちょっと楽しい。

降っていても乗り出してしまえば

それはそれで楽しいもの。

帰りの天気も気になるけれど

どうせなら乗って帰りたいな。

朝は晴れていたので、

っていうのは”嵐の前の静けさ”だったか?

| | コメント (2)

2007年9月 4日 (火)

交響曲 第9番 ニ短調 作品125。

まずはこちらのCMへ。

わたしが最近気に入っている本田技研のCM

音楽とサンプリングした音&映像をミックスさせたCM。

ホンダはいろいろなものを作っている。

今は”陸・海・空”と全方位。

メルセデスのスリーポインテッドスターの指す陸・海・空と一緒だ。

ホンダのウィングマーク(2輪)は本田宗一郎が

日本が戦争で負けたときに

「絶対にお前(”B29”)の上を飛んでやる。」

ってことで、掲げられたマーク。

”本田技研(本田技研工業㈱)”を”㈱ホンダ”に変えないのは、

「ウチは技術屋だ。研究所だ。”カタカナ”の名前では何をやっている(造っている)会社かわからない。」

すごく、宗一郎のポリシーが感じられるはなしだ。

そんな逸話が頭の中にあるから、

この曲を聞いているときに涙が出てしまう。

特にパワーボート⇒ASIMO⇒F1マシン⇒モトGPマシン⇒モトクロッサーがジャンプ

このシーン。

その魂のこもった車NSXが製造されなくなって久しいが

機会があったら、乗ってみたい。

宗一郎の魂に触れてみたい。

 

今朝の通勤。

Av36.2キロまでいっていたんですがねー。

最後の信号で引っかかり35.2キロでした。

条件がそろわないとなかなか36キロは出せないようです。

しかも前半4キロはドラフティングで引っ張ってもらいました。

だからコンスタントに50キロ台。

レースのときにドラフティングをして集団のなかで

だいぶ”楽”(脚を貯めておく)ができたので、

やはり、これもいい練習。

でも、公道なので危険に対処できる心のゆとりも持ち合わせてね。

明日もいい天気のよう。

スズカ以降モチベ上がりっぱなしなので、

こんな時は極力ペダルを回していたいですね。

| | コメント (0)

2007年9月 3日 (月)

愛機。

200708241812000  

 

 

 

 

 

だんだんとグレードアップしていく、我が愛機 カノーバ。

シマノスズカに出る前日に撮った写真。

今はテールランプのところにレースの時のゼッケンがついたままになってます。

モチベアップの秘訣ですね。

オープンⅢを闘った今年のゼッケン。

8hの時までつけておきましょうか。

自分の願掛けも含めてね。

いい順位でゴールできるようにね。

あとは、自分に負けないようにね。

ある車代理店の冊子で、トライアスロンの人の記事が出ていた。

「若い人は順位とかタイムとかだけれど、わたし達の世代になると、

それよりも、一年間頑張ってきたことの発表会みたいなもの。」

というような事が書かれていた。

やはり、自転車の競技も、ライバルはいろいろまわりにいるんだけれど

最終的には自分の中にライバルがいて、それと闘うっていうのは

変わらないんだなとおもう。

走っていて、「なんで走っているんだろう?」ってなるときも

「つらいな、やめたいな」と思うときもあると思う。

でも、そんなときこそ自分の気持ちにムチいれて、

前に一歩踏み出そうとおもう。

そうすれば、何がしか結果はついてくるから。

 

昨日は自転車お休みで、三重の多度大社へいってきました。

先日8月15日のツーリングの通った道を一部トレースしながら。

多度大社ではいろいろ願掛けしました。

ちゃんとご祈祷の護摩木もお願いしてきました。

お守りも買ってきましたよ。

通勤のカバンのなかに忍ばせてあります。

| | コメント (6)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »