« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月31日 (木)

激坂練の成果。

平地で激坂練の成果はすぐに現れるようで、

平均速度はもういきなり1キロは上がっている。

朝来るときでも31キロ/Avで走ってきた。

えらくなったら、すぐダンシング~♪

何キロをダンシングで来たのかわからなくなってしまう。

スズカの前とあとではやはりぜんぜん違う。

しっかり寝られるし、ごはんもおいしい。

なおかつ、風も涼しくなってきているので走りやすくなっている。

やはり暑いと走りにくいのね。

そうすると秋はやはりスポーツの秋ですね。

がんばって走りこもーっ。

ここでお知らせ。

第7回 鈴鹿8hエンデューロ に、エントリーします。

クラスはもちろん 8時間・ソロ の部。

去年の自転車に乗り始めた日から、ちょうど1年後、

鈴鹿8耐のスタートラインにたちます。

この一年いろいろありました。

クロスバイクを買いました。ロードバイクも買いました。

ギヤも曲げました。パンクもしました。

ブログも作りました。仲間もたくさんできました(特に福岡に。みなさーんありがとうございます。)。

みなさんに支えられてここまできました。

この想いを胸に8hを走りぬきたいと思います。

| | コメント (4)

2006年8月30日 (水)

超平地で激坂練習とレーパン。

昨日のコメントで、うめさんとかめさんからアドバイスいただいた、

―平地で重いギヤを踏む―というトレーニング。

これで、激坂練習一丁あがり。

って、キビシィ~~~♪ (楽しいけど。)

と思ったんは昨日の帰り。

今朝は、楽勝とまではいかないが何本も何セットもいけそうな感じ。

フロント:アウター(52T)×リア:6~10(Johさんのブログタイトルみたいですね。)

だけしか使ってダメ!!!!!!!。

なんて課題を自分に突きつけ、これを実行。

10キロを朝のタイムとしては早い18分30秒。

10キロ中4キロはダンシング。

しかもフロントアウターリアトップのみ使用。

これは脚も背筋もきてますがここでへばれない。

この調子で、4キロから5キロ、8キロ。そして、ダンシングオールライドできるように。

その頃には、平均速度も上がっているかな。

現時点では機材(オペラ・カノーバ)のほうが勝っているので、

とにかく鍛えて、フレームより速い、フレームに勝つぐらいの脚力にしたい。

で、昨日になってようやく試したんですが、

”レーパン”。

皆さんは下にインナーは穿いてます?

シマノ・スズカで見ていると皆さん大半が、インナーを穿いていない(ようです。)。

昨日の帰りに試してみて・・・・・・・・・ぜんっぜん違いました。

こんなに違うなんてと愕然。

着替えだけもって動けばいいので、今後はそうしようかなと・・・・。

ペダリングも向上する、そして、快適。

レーパンについて帰りながら考えていた。。

帰ってから過去のファンライド見て、やはり納得。

| | コメント (6)

2006年8月29日 (火)

いけるか?

今回のシマノ・スズカロードのリザルトより・・・

優勝のゴールタイム 44:24.08 平均速度 39.33km/h

私のタイム(4周回終了) 42:08 平均速度 32.9km/h 

(サイコンデータです。DNFのため公式タイムはありません。)

平均時速は7キロ差。時間差は約10分。

5周終了して完走していたら、53~55分ぐらいだったでしょうか。

トップとの差10分。

あきらめてしまいそうな時間差ではあるが、

実のところ、登坂能力を上げれば一気にタイム差は縮まるし

平均時速は上がるはず。

そうすれば活路は自然と見えてくる。

テールエンダーにならなくとも、中段には入れるかも。

あの悔しさをばねに8耐をもトレーニングととらえて、

(最高のトレーニングですね。コースといい、レースという環境といい。)

来年のシマノ・スズカロードに行けば。

走りやすい秋と、厳しい冬とやってきますが、これを乗り越えて

またレースシーズンを迎えたい。

来年こそは”笑う”ために。

(しかし、”おきらく・・・・”とあるブログ名から、中身がだいぶ乖離しているような・・・・(笑)

でも、苦しい中にも楽しいことが待っているから・・・・・いいですよね。)

| | コメント (0)

トレーニング方法再考。

シマノ・スズカロードでぶッちぎられたこともあって、

トレーニング方法を考え直そうと思う。

しかし、力不足だったのは登坂路。

平野の真ん中のため近所に登坂路があるわけなく、激坂なんかはあるはずもない。

先日の土岐往復の100キロツーリングの道の駅周辺は坂が多かった。

長い坂からだらだら坂、激坂まで。

しかし練習で自走で坂メインにしようと思うと行程がちょっと長い。

皆さんはどんな練習をしているのだろう?

単独でストイックに追い込んで練習しているのか?

それとも複数人でレースさながらに列車を引っ張ったりしているのだろうか?

チームメンバーに入れば朝練などもあるのだろうが、

土曜は仕事。平日の通勤と日曜だけでまかなわなければいけない。

うーん、根底から見直さないと次回のシマノ・スズカロードでまた遅れをとってしまう。

”楽しい”だけではない、”キツ楽しい”なんていう苦しむのが覚悟の上。

平地でのトレーニングでいい方法とは・・・・・・・・。

皆さんのブログをみて研究したいと思う。

やはり、輪行で山まで持っていって、何度も往復するのがいいのかなぁ。

| | コメント (6)

2006年8月28日 (月)

シマノ・スズカロード。

待ちに待った、シマノ・スズカロード。

起床は2時30分。目覚ましがなる前に起きてしまった。

やはり、気持ちも昂ぶっているのだろう。

昨日のうちに準備しておいたので、あせることなく、忘れ物もなく出発。

(かめさん、ありがとうございます。)

深夜で空いているので、東名阪もすいすい。鈴鹿インターまで1時間だったかな。

サーキットの駐車場までに朝ごはんと飲み物を買う。

この行程だけでもわくわくしている。

駐車場について、自転車を降ろして前輪組付け、そしてエアチェック。

陽が出始めて明るくなってきた。カラダ中に力がみなぎってくる。

もっていく荷物を最小限にまとめ、いざサーキットへ。

(駐車場からだいぶ歩きました。準備運動になるくらい。)

パドックに入ると各自転車メーカーや用品メーカーがにぎわってます。

カミハギさんがチームで出ていることあって、ピットを借りることができました。

Dscn9801 受付を済ませ、6時15分から試走。この時点で沸騰寸前。

ライン取り、起伏、路面の継ぎ目やキズ、オイルなどで滑りやすいところ、

Dscn9802_1

1111 いろいろ調べながら、けっこうなペースで走ってきました。

メインストレートとスプーンの上りが意外に上っている。

けっこうハードなレースになりそうな予感があった。

試走も終わり、出店まわり。

珍しいところではこんなバイクも来ていました。

D1020222 スーパーバイク:UCIプロツアーには出られないそうです。

剛性はばっちりとのこと。

その間は私のOPERAはピット前で佇んでます。

D1020221_1  速そうなバイクがいっぱい。

高額バイクや普段は店頭に置いてないバイクがいっぱい。

ピナレロ、コルナゴ、トレック、ルック、リドレー、ウィリエール・・・・

やー、こんなにたくさんいるんだなぁ。高額パーツもついているし。

カンパ・ボーラやハイペロンがけっこう装着されていたのに驚き。

ちなみに同じカノーバは1台いましたね。赤の。試走のとき見ました。

レースが次々スタートし、いよいよ私の番。

ピットレーンでゼッケン順に整列。最後列スタート。まったくもって、逆ポール。

そして本コースへ。

実況アナウンスのイイミワさんの声があと30秒と告げる。

10秒前。・・・・・・・・・・シグナル(雷管)がなる。

スタート。

最後列スタートなので追突のおそれはないが、前行く人を抜かなければ始まらない。

最終コーナーまでにちょっとは前に出て、シケインでは引っ掛けないようにまた引っ掛けられないように丁寧に。

130Rまでに左側から10台くらい抜いていく。この時点で45キロ近く出ている。

130Rを曲がり、ドラフティングしながら脚を休めたり、漕いだり。

下りきり、スプーンへの上り。まだ食いついていける。

とにかく食らいつく。速度が落ちるためあっちこっちで声があがる。

スプーン、マッチャンコーナー、ヘアピンと抜け、立体交差下、デグナーと続く。

デグナーまでは、ドラフティングを使いまくり。50キロをゆうに越える。

デグナーからダンロップは上り。ここでも離されないようについていく。

ダンロップから1コーナーまではカーブが続く下り。下っていくのが気持ちいい。

何とか真ん中あたりに続く。

1コーナーからホームストレートの上り、けっこうだらだら上っていく。

最終コーナーまでにまた後ろへ下がってしまう。

2周目、シケインから130Rでちょい集団からちぎれだす。バックストレッチで何とかこらえるも、スプーンでちぎれてしまう。

ヘアピン、デグナーでまた追いつき、ダンロップでやや離される。

ダンロップからの下りでは離れていた前の人に追いつき、追い抜き、1コーナーまでに

15メートルくらいの差をつけた。

ホーム上り。築いたマージンをくずされまいと、必死で駆け上がる。前とは差が開きつつあるも何とか頑張る。

3周目。シケインで追いつかれ、130Rまでに捉えられてしまう。でも、離されるふうでもないので、ドラフティングで食いついていく。しかし、スプーンでやや離されだす。

このときにトップからは30秒遅れとのアナウンス。悔しいが現実。

とにかく前の人には追いつきたかった。だが、後から来た先頭集団に仲間がいたらしく、

ドラフティングで引っ張られて、どんどん離されていく。

ここから、一人旅が始まる。

デグナー、ダンロップ、逆バンク、S字、2コーナー、1コーナーと抜けるも、前にいた人には追いつかない。

1114周目。必死で駆け上がるも、ホームでのスピードに見るべきものはなく、オープン3B1組の人は周辺には見当たらない。

シケインまでの坂が急に思える。

遅くても応援してくれる人たちに感謝。元気をもらいました。

130Rを抜け、バックストレートで給水、そして身体に水を打って冷やす。

スプーンでの上り、後の集団の人たちが列車引きながら、談笑してイン側を抜いていく。

私は邪魔にならないよう、左へよけるのが精一杯。

ヘアピンまでに離され、追いつくことなどできやしない。

デグナーを抜けダンロップを必死で上る。

下りかけるあたりのアウト側、白地に青の水玉のジャージ。

チーム パラボラのメンバーの女性の方たちがエールを送ってくれた。

「がんばれー」

応援に会釈をし、気持ちを奮い立たせダンロップからを猛スピードで下っていく。

2コーナーから1コーナーへ。そしてメインストレート。

5周目に入ろう というところで、私のシマノ・スズカロードは終わりを迎えた。

後続のレースの方たちの迷惑になるのと、危険防止のための足切りだろう。

チカラなくピットレーンを上っていく。

右側をビュンビュン抜いていく。

本当に悔しかった。次は絶対にオープンクラスで完走したいと思った。

ピットに着き、自転車を台に預ける。

計測チップを取外し返却する。

今年のシマノ・スズカロードはDNF(完走せず)という結果になった。

パラボラのメンバーの人にどうしても逢いたくて、コースをさまよい歩く。

2回くらい待って最終コーナーのところでみつけた。

挨拶をし、しばし談笑、そして記念撮影。(パラボラメンバーさんのカメラでね。)

エリートクラスのレースが始まるらしく、私も一緒に応援。

メンバーの方はすごく速く、目を見張るものがあった。

ゴールするぐらいのところで別れ、私はピットのほうへ。メンバーさんは、ゴールスプリントを見にピットウォールへ。

パラボラメンバーの心の温かさやさしさに触れて、とても嬉しかったですし、はげまされました。

ありがとうございました。

チーム パラボラは憧れですね。名古屋から応援しています。

次回会うときにはもう一ランク上がれるように頑張ります。

| | コメント (10)

2006年8月26日 (土)

Let’s Raicin’on

いよいよシマノ・スズカロード。

泣いても、笑っても、怒っても、縋っても、いよいよ明日。

バイクの調整はしてあるので、後は車に積み込んで行くばっかり。

車は車載キットとかないので車の中に寝かせた状態で積もうと思ってます。

ウェアも3着用意してどれを着てもいけるように。。

たぶん、ダヴィタモン・ロットかな? マキュアンばりの走りがしたいですね。

今日は通勤は車。

脚を一日休めて、明日の朝の試走に向けて調整。

試走が6時15分からの1時間しかないから、きちんと調整しなければ って思ってます。

レーススタート(カテゴリー:8/27 オープンⅢB)は10時17分。

それまではいろいろ見て勉強するのと、自分のバイクの最終チェックと。

ほんとに盛り上がってきました。

明日のスタートラインに立てるわけですね。

嬉しいです。

今の自分にできること。それを精一杯ぶつけてきたいですね。

どこまで通用するか?

そうすることでおのずと8耐の走り方も見えてくるはず。

明日は8耐の試金石。

がんばってきます。。

※ オープンⅢBのゼッケン”219”です。 見られた方は声かけてくださいね。

   出られる方、お互い頑張りましょう。

| | コメント (6)

2006年8月25日 (金)

ミシュランのすゝめ。

新チューブとの兼ねあいもありますが、前のユッチンソンよりも

バランスがいい。軽量チューブを入れているわけではないですよ。

漕ぎ出しが軽いので、必然的に最高速(若しくは巡航速度)に到達する時間が

短くなる。毎朝やっている「シグナルGP」でけっこう速くスタートダッシュできる。

材質やコンパウンドは違うにしても、「Moto GP」や「F-1」での技術が

この自転車用のタイヤPRO2レースにも生きている。

(これはコンチも同じじゃないかな。)

装着してからの走行距離は100キロ弱。

表面の離型剤もはがれてきちんと路面を噛むようになった。

スズカの路面は、おろし金みたいにタイヤが食いつきやすい状況。

落車はしたくないなぁ。イタソ~~。

アップダウンあり、S字あり、ヘアピンあり、下りのストレートあり、登りのストレートあり。

普段のスズカの逆周りだから、イマジネーションがわきにくいが、

F-1を観たり中継を観た映像からおおよそはわかるので、

当日の朝の試走でどれだけ思っているのと違うか

自分の目で見て確かめながら走り方を組み立てたい。

| | コメント (0)

2006年8月24日 (木)

ミシュラン ☆☆☆。

D10202201 ミシュラン PRO2レースに前後履き替えました。

前のイメージからがらっと変わって、

軽快なイメージになりました。

足元の色がグレーから水色に変わって全体的にもポップな印象。

みなさまの反響はどうなのでしょうか?

こんなにハデにする人もあんまりいない?

とったもん勝ち、やったもん勝ち。のコンセプトなので

他にあまり例はないはず。

PRO2レースの印象は、前のユッチンソンより軽いかなと思うのと、

ちょい空気圧低めでもおいしい感じがするのと。

空気圧は、ユッチンソンの時は8~8.5くらい入れていたのですが、

PRO2レースは7.5~8くらいでもちょうどよい感じです。

タイヤ交換のときにチューブも入れ替えたので、

レース対策もばっちり。

あとは脚の調整と疲労回復。

ジャージはどれにしようかな。

| | コメント (4)

2006年8月23日 (水)

2日の休足日をおいて

今朝の新聞記事になるような昨日の夕立。

あの雨の中を帰るんじゃなくてよかった。

一転、今朝は朝から雲が見当たらないほどの快晴。

やはり、ドライの路面で空も快晴だと本当にきもちいい。

今日は処暑。

それもあってか、徐々に気候が移ろっていくのがわかる。

毎日、外の風に吹かれているから。

今日のオペラはやはり気持ちよく快走。

タイヤを替えたらやっぱり違う。

踏み出し、漕ぎ出しが軽くなっている。タイヤ自体も軽いのだろう。

車はコンチユーザーだが、自転車はミシュランユーザーになるかな?

本当のインプレッションはスズカを走った後に書こうとおもいます。

でも、レース後の興奮状態でなーんにも書けなかったりして。

| | コメント (0)

2006年8月22日 (火)

雨に翻弄されてホンローウォーク。(なんちて。)

朝起きてガラス越しに外を見たら、ハードウェット。

こぉりゃぁ、オペラでは行けませんぜ 旦那ぁ~。

てことであえなく撃沈。

こういう日って、昼間はオペラでこなかったことを後悔するぐらい晴れるんだよなぁ。

で、現場作業終って帰ってきたら、

プールをひっくり返したような大雨。

しかも車で前が見えないくらいの。

夕方の雲間だったのがいきなり深夜になったような感じ。

トタンを叩く雨音がすごい。雷の音もすごい。

この雨の中オペラだったら・・・・・・。ま、どこかで雨宿りでしょうかね。

♪それはーまだー私がー 神様を信じなかったころー

しかしこのところ雨に翻弄されて休足日です。

帰ってからはオペラのメンテに勤しみますか。

スズカロードが雨でないといいなぁ。

てるてる坊主作っておくかなぁ。

| | コメント (0)

2006年8月21日 (月)

ロード・トゥ・スズカ。

いよいよ今週末がシマノ・スズカロード。

気持ちもどんどん高まってきてます。

タイヤの件は、交換しました。←もたなさそうな感じでした。

ミシュランPRO2レースに。

返事をくださったみなさん、本当にありがとうございました。

画像はまたアップします。

えらく可愛らしいバイクに仕上がりました。

タイヤのインプレは・・・・・・・・

・・・・・・・ってほど走ってないのでまだ書けません。

鈴鹿の前までに離型剤を削ってイイ塩梅にしなくっちゃ。

で、今日月曜日、仕事に行こうとしたら雨。

まったくついとらん。

嫁さんの「雨ふってきとるよ」の言葉にしょんぼり。

ほんとに”ションボリルドルフ”。

今日、月曜は静岡・清水まで下見。

日曜は鈴鹿でポッカ1000kmがあった。(観には行ってません。仕事だったんで)

鈴鹿から東京へ帰るGTカーを積んだトランポが何台か走っていた。

これを見るだけでもアドレナリンが身体にまわる。

GTカーみたいに速くは走れないが、気分はそれ以上。

当日は思う存分に駆け巡りたい。

楽しみだなぁ~♪

| | コメント (0)

2006年8月19日 (土)

サドル調整。

先日の100キロライドの時にサドル(アリオネ)の位置が

カラダに合っていないことが判明。

走っている際にどうしても股下が痛くなってしまう。(距離を走ってから)

走っている時は前へ行ったり後ろへ行ったり、ダンシングしたり・・・・・・。

今後の対策として、ポジションを変えるか、サドル調整するか・・・・・・・。

で、先ず簡単なところからサドルを調整してみた。

シートポストを交換したときの位置から前へ10ミリ弱。

これだけ前に出してみて、合わなかったら次は角度。

と、順を追って調整していこうなんて思ってます。

いっぺんにやってしまうと、どこがどう変わるのかわからなくなってしまう。

(オートバイの時の足回りのセッティングに似ています。)

で、3日間あいて今日のジテ2の時にチェック・チェック!!。

どうもサドルが後ろへ下がりすぎだったのでしょうか?

前へ10ミリ出しただけで巡航速度が上がりました。

(今朝の通勤で 巡航32キロ⇒37キロ 最高速は42キロ まで激変。)

だいぶ上体が倒れこんでいたようです。

ブラケットを持って、下ハン持って、フラットのところ持って。

ぜんぜん違和感なし。

それどころかトルクかけるにも、高ケイデンスでまわすにも

とてもやりやすくなっている。

10ミリでこれだけ違うのかぁ。←実感。

早く気付いてよかったかも。

シマノ・スズカロードまで、あと一週間ほど。

体の調整とバイクの調整は念入りにやりたいと思ってます。

理由は、初めてのレースというのが一つ。

他のライダーの方や大会関係者に迷惑をかけたくないというのが一つ。

タイヤどうしようなぁ?サイドが若干ひび割れてきているし。

と言っても1600キロくらいしか使ってへんし。

うーん。

※今回のサドルの一件、かめさんにいろいろと相談しました。

  ありがとうございました。

  今後ともよろしくお願いします。

  ⇒かめさんのhp・・・http://blog.livedoor.jp/kame238164/

| | コメント (15)

2006年8月16日 (水)

100キロライド。

昨日8月15日に、何を思ったのか、いきなりの100キロライドを敢行してみました。

師勝~一宮~木曽川沿いで犬山~御嵩~土岐。

前日は夜中の12時までクレーン作業をして寝たの3時。

普通ならそんなことしないのだろうが、夜中オペラ乗って帰る時に

土岐の道の駅 志野・織部 まで行ったら何キロだろうと思い

初の試み。

9時に家を出、一宮を抜け堤防まで。

その間は気持ちよく、でもガンガン飛ばさずに体力温存。

堤防にて風と戯れて犬山城のたもとまで。

ここで1人のローディーとすれ違う。

だんだんモチベーションが上がってくる。

41号に出て、可児・御嵩方面へ。

ここは路面もよくガンガン走れる。くだりではどんどんスピードが出て

過去の記録を塗り替え56キロ。

気持ちよく走る。

21号線に道を替え土岐の方面へ。

ここからしばらくフラット。

曲がって最初のローソンで休憩。飲み物と食べ物を調達。

冷えボトルにも詰めて出発。

21号はアップダウンがしばらくなく、ずっとフラット。

太陽も昇り、暑くなってくる。

花フェスタ公園を越えるあたりからアップダウンが出てくる。

これを越えて鬼岩公園あたりからは激坂が待っている。(と言っても、国道なので激と付くかは?マークが付きますが)

坂をダンシングしたりシッティングしたりとポジションを変え登っていく。

急に上るところ、緩やかなだらだら坂、順に越えていく。

車は右側からビュンビュン抜いていく。

道の駅まで2キロ。気持ちが途切れそうになりながらも、

シッティングで登っていく。

あの坂を登って、くだりの信号を越えたら休憩地点の道の駅。

時間もどれくらいかわからないが、12時頃に着いた。

ここで、ざるそばをたべる。200601200747541

1時間くらい間をあけ、しっかり休ませてから出発。

今度はあの激坂を一気に駆け下りる。

あのヒィヒィ言って15キロくらいで登った坂を。

ここで今日マークした最高速をあっさりと破る

67.8キロをマーク。OPUSカーボンフォークは

ラインをビシッとトレースして不安を思わせない。

これなら下りで100キロでても平気だろう。(ブレーキはもち効かないが)

60キロ台で2キロほど。

ものすごい快感だった。レーパン・ジャージと軽装だったから

転べばアウト。でもそんな気はしない。

またフラットな道になり、とことこと41号を目指す。

普段つかうみちなので、距離感はつかみやすいが後どれくらいかも

わかってしまうので、だんだん寂寥感も出てくる。

41号で行きはなかなかスピードが出せたが、帰りは出ない。

サドルで圧迫されて股が痛いのと、普通にいっぱいいっぱいなのと。

くだりだけはとりあえず元気になるので、また踏み込んでファミマをめざす。

また小一時間休憩して帰路へ。

ウチへ着くまでがツーリング。

がんばりました。

リザルト

4時間1分27秒

105.96キロ

最高速 67.8キロ

平均速 26.3キロ

Avケイデンス 81

Mxケイデンス 170

D1020218

| | コメント (6)

2006年8月13日 (日)

みんなの体操会 ~岩倉編~。

今朝は思いっきり早起きして、

「夏季巡回ラジオ体操 みんなの体操会」(もちろんNHK‐名古屋放送局-主催)

に行ってきました。

D1020210

現場行くときなんかにはトラックやクレーン車のラジオでよく聞いていましたが、

会場へ行くのは初めてのことです。(小さいときからも含めて)

会場は岩倉市立岩倉北小学校。

朝6時もまだまわらないというのに、会場には大勢の人。(公式発表は1500人)

近所のご家族の方や少年野球の子供たち、おじいさんおばあさんなどさまざま。

天気もさほど悪くなかったので、オペラで行きました。

6時前には私も会場に入っていました。

D1020209

ラインも校庭に引いてあってそれにきちんと整列していました。

係の人が「ラジオ体操の歌」の歌詞カードを配っていて一枚いただきました。

見ると、歌は2番まであるのです。知らなかった‐。

あの、「♪あた‐らしい 朝がきた  きぼーうのー 朝だ・・・」の曲です。

カードを手にした人みんなびっくりしていたようです。

6時を回り体操会の開会式、そしてリハーサル。

あるんですよ。リハーサルが。ちゃんと番組ですから。

最初と最後の拍手と、体操の途中の掛け声と。

楽しいですね。

あと、ラジオ体操をやるための準備運動もやったんです。

面白いでしょ。体操するのに準備運動だなんて。

少年野球の子供たちはつかれてしまいそうです 笑。

壇上にたった多胡肇さんはとてもおもしろい方で

会場を沸かせてくれます。http://www.nhk.or.jp/event/sport/junkai/20060813.html

朝から笑いの絶えない体操会です。

リハーサルも終わりいよいよ本番。

会場にはラジオ放送が流れてないのでどんな感じかはわからないが

ライブ感はビシビシにある。張り詰めた緊張感は皆無ですが。

今回の体操会は 岩倉市 誕生35周年記念事業だそうです。

準備期間は1年。

放送時間は朝も早朝の10分間。

実行委員のみなさんは大変なご苦労があったと思います。

第一体操、第二体操も終わり番組(というかラジオ体操)が終了。

みなさんテントのほうに集合。

参加賞を受け取り、帰宅する人、写真撮る人、雑談する人・・・etc。

多胡さんのところに行って握手してもらいました。

「自転車で来たんですか?すごいなぁ。かっこいいですねぇ。」

と言われ、照れる始末。

D1020212  D1020213

←多胡肇さん。とても元気な方です

朝から気持ちよく過ごせました。

本当に楽しかったです。

| | コメント (4)

2006年8月12日 (土)

雷雨ぅー。

朝は激しい雷雨で起こされた今日。

ちょい寝不足気味で起床。

路面を見るとハードウエット。雷雨の残りを思わせる。

車で出勤していくと、北名古屋市から岩倉市に入るあたりで

いきなりドライ。

カノーバで走りたくなってしまう。

やはり朝一番で大汗をかいていないと調子が出ない。

明日は晴れるんだろうか?

岩倉北小学校でNHKの全国巡回ラジオ体操がある。

ちなみに今回はガセではないですよ。確認済み。

カノーバで出て、そのあと会社にご出勤。

晴れたらいいな。晴れたらいいね。

明日は現場終るのはやいかな。

| | コメント (0)

2006年8月11日 (金)

新クリート。

昨日の夜に新しいクリートに交換してみました。

今まで使用していたクリートはSIRRUSのときからずっと使っていたもので、

半年~8ヶ月ぐらい使ったのかな。

歩いたり、先日みたいにジョギングしたりもしたので、

減っていたようです。

だいぶ削れていたようです。

そのままポイするのもいやなので、オブジェになるんでしょうか。

新しいクリートを慣らして、パチンとはまるようにしたいですね。

今朝はまだ初めてだったので、ガッチガチでした。

やわらかすぎるのは困りますが、固すぎるのもね。

話はそれますが、水分補給が必要なこの季節。自転車に乗ってないときも

きちんととっていかないとですね。ラジオでもしきりに熱中症対策のことを

報じていますから・・・・。

毎日暑い日が続きます。お互い元気でこの夏を乗り切りましょう。

| | コメント (2)

2006年8月10日 (木)

ああ、カンチGUY。

朝からどうもサイコンの調子がおかしかった。

ケイデンスとスピードは表示されるが時間と距離がでない。

うぬぬぬぬぬぬぬ・・・・・・・。

もうすぐ電池切れか?

で、信号待ちでいろいろボタンをピコピコ押してみた。

そーしたら、昨日の分に積算されてまた表示された。

ん?

「昨日帰ってからリセットしたときに、不完全やったんやー。」

「ぜんぜん気付けへんかったやんかー。」

「画面は②の表示になっとるしー。」

まぁ、サイコンがコワレた訳やなくってよかったわぁ。

今日も名古屋は暑くなりそうです。

でも、車に乗っているときはエアコンかけてません。

汗かく分にはいいですが、どこもエアコンがキツイので

カラダのほうが参ってしまいます。

夏カゼひかないようにしていますが気をつけたいものです。

| | コメント (0)

2006年8月 9日 (水)

台風一過の超ピーカン。

台風一過(3つもいるから台風一家か?)の後だもんで、超ピーカン。

一日中快晴やった。

先日、夜中にパンクしたぶんの替えのチューブをカミハギさんによって

一つご購入。IRCのチューブ。

通勤にも使うんで、高耐久性の厚手のものを選択。

本来ならレース間近やもんで、選びそうな軽量チューブは今回はあきらめた。

って言っても、そんな高いものやないんやし選んでみてもよかったかなと思ってみたりする。

ま、だれぞかれぞに聞いてみてもつようやったら購入してみようか。

タイヤもいろいろ見ていたが、ピンクのタイヤがない。

コーディネートからいくとピンクが欲しいがないので、マッチングのいい色を

現物合わせして見てみるつもり。1500キロ走っただけやから、シマノの前には

前後のローテだけして様子見しようかな。

8耐の時にはプロ2レースにチャレンジしようか。

帰りは追い風になっていそうなので暴走カノーバになりそう。

| | コメント (0)

2006年8月 8日 (火)

90%。

台風が東海地方のほうへ進路が向くらしい。

ってことで、朝から自宅近辺では朝からジャージャーと

雨が降っていた。もちろん、路面はウェット。しかも、けっこうな。

しゃぁなく車での出勤。ガラスをたたく雨が強い。

2キロも走ると、雨はやみ路面は乾いている。

「この間のハンガリーGPじゃぁないんだから」なぁんて思いつつ

オペラでなかったことにちょいとブルーな気分になる。

ま、脚休めにはいいかもなんて思うしかないじゃぁないか。。。

で、名古屋の夏は「立秋」の8月8日になっても、暑いことこの上なし。

なーにが「秋」じゃぁ。

しかも台風のまえの静けさとやらで空は突き抜けるほど青く高い。

それが朝の9時から3時過ぎまで続く。

冷房かけて車を走らせるのがヤなので、

窓全開で私は全壊で外回り。

今日の車中BGMは「MEGARYU」。

岐阜出身だそうで。

ヨコハマタイヤDNAのCFでかかるので耳にされた方もいらっしゃるかな?(あの曲はDay by Day いい曲です。元気をもらえる歌詞ですよ。)

うる覚えの歌を歌いつつ、あっちこっち。

今朝の降水確率90%は晴天確立90%にすりかえられたようだ。

リピートのお客さんの仕事もこなしつつ会社へ帰還。

戻るやいなや空には雲がモクモク。

今晩の天気荒れなきゃいいがなぁ。

まだ雨の降ってない名古屋。

いつ頃降りだすのだろう。

進路も、ど真ん中直球ストライクでないといいなぁ。

| | コメント (0)

2006年8月 7日 (月)

出張と現場と神戸とパンク。

8月4日は富士出張。

朝の早い時間から、富士へ向けて出発。お盆頃だとあんなにスイスイ進まないと思う。

東名をひた走り富士へ。前回同様、またも富士山はまったく見えず。

やはり空気に湿気が多いこの時期は見えにくいのかもしれない。

現地付近には昼頃につき、富士のうなぎやさんで、うなぎを食べた。

下見・打ち合わせも終わり帰路へ。

この日もオペラでいっていたので帰りは気持ちよく帰ってきた。

8月5日は地元で現場作業。

朝からうだるような暑さで、2軒の作業を片付けた。

暑いといってもやめられないのが、オペラ de ジテ2。

この日も気持ちよくかえってきた。

ただ、現場が遅かったので、ブログのアップができませんでした。。

8月6日は日曜日。

何週間ぶりの仕事のない日曜。

今日は、師勝中学校でラジオ体操。早起きしていきおい勇んでいってみると、

NHKの放送車がない。・・・・・・・・。どうも、毎年、地元のところでやっている体操と

ジョギング、ウォーキングの会らしい。(NHKは埼玉のどこかからの中継でした。)

ま、旗というか幟がでているので中継があると早合点してしまったわけだが、

この際それはおいといて。

あさから楽しみました。オペラで行ってきました。

ラジオ体操終わってから、ジョギングとウォーキング。

ものの2キロくらいだから、ジョギングの方に出た。

これが甘かった。

履いてきたのは、タイムのビンディングシューズ。

まぁ、しゃーない。行ってまえー。という感じで出た・・・・・。

折り返し地点間では先頭集団に。ジョギングだというのになかなかペースが速い。

残りどれだけかというところでペースダウン。やはりビンディングシューズでは

きつかった。

次回からは靴を持っていこう。

帰りにジュース(メロンクリームソーダ)と石鹸をいただき、帰路へ。

なかなか楽しかった早朝のラジオ体操。

その後、嫁さんと一緒に神戸へ。

車に乗った当初は、金沢の兼六園に行くつもりだったが、

北陸道の渋滞の情報を聞いて、神戸、異人館へ。

こちらは道中も空いていて、昼まわるくらいには現地着。

神戸・異人館のオランダ・デンマーク・オーストリアとまわり、昼ごはんを食べようと

車を走らせる。だが、なかなか見つからない。

店があっても駐車場がないとか、ナビ通り走ってもその場所にたどり着かないとか・・・・・・・・。

結局、六甲のアクタスがあるショッピングモールに行きました。

アクタスでいろいろ物色して帰りました。

帰りは名神・一宮から20キロくらいの渋滞だったので、

大垣から降りて帰りました。

この時点で、脚は若干の筋肉痛。

今朝も若干の筋肉痛。

ビンディングシューズで走る(ラン)もんじゃないとおもった週末の出来事でした。

と思ったら、これだけでは終らなかった。。

夜、タイヤに空気を入れて、明日に備えようとノリノリで空気を入れていたら・・・・・。

パシューーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぅ。

??????????????????????。

で、もう一度空気を入れてみたがまったく入らず。

タイヤをばらして見てみると、、、、、、

バルブの根元で亀裂が入っていた。

もちろん空気は抜ける。

あーあ。

いきなり夜になってパンク修理。

替えチューブはあるのでまったく手間取らないが。

タイヤレバーも使わず10分少々で終了。

まー、なんと言うか・・・・。

おもしろいなぁ。

先日の答え:カノーバで替わったところは・・・・

ピナレロ・パリカーボンFP用のMOstのシートポストに換装したんです。

同じMOstだからわかりにくいですよね。

ノーマルはアルミに化粧カーボンがまいてあったのですが、

今度のはフルカーボンですのでクランプの下のところまでカーボン。

締め付けにはトルク管理がいりますが、それも一興。

カーボンパーツがふえました。

でも、ステムとハンドルはしない予定。

思いっきりチカラ入れたときに折れると困るから。(笑)

| | コメント (6)

2006年8月 3日 (木)

久々のカミハギさんにて。

えー、昨日は久々にカミハギさんによって、いろいろ物色。

シマノロードが近いので、保冷ボトルとグローブと・・・・・・。

D1020203_1 今回購入のゲロルシュタイナーのグローブと保冷ボトル。

D1020204

ナリーニ製のグローブはやわらかくて使い心地がよいです。

サイズはM。サインはV。

D1020205_2 いままで使っていたバレアレスのグローブ。

くたくたになるまで使ったので、ちょっとお休み。

でも、お気に入りです。

D1020206 カッコよくなりましたか?

これでちょっとレーシー。

保冷ボトルが長いので出し入れにコツがいりますが、今朝にはもう慣れました。

ボトルケージがやや右に斜めについているのでことなきを得ました。

もう一本保冷ボトルがいりそうです。シマノの前には。

ほんとに楽しみです。

ちなみに上のカノーバの写真、一部仕様変更したんですよ。

お気づきの方、カキコミまってまーす。

(あっ、もりけんさんは書いちゃぁだめですよぉ。答え知ってるんですから 笑)

| | コメント (6)

2006年8月 2日 (水)

こんなモノがあったとは。

最近気になっている時計メーカーのSKAGEN(スカーゲン)。

探していたらこんなモノを見つけました。

http://www.skagen.jp/goods_detail.php?gd_id=1114&ct_id=2

チームCSC イヴァン・バッソモデル。

1114_b 世界限定2000本。

ケースバックにはバッソのサインとシリアルナンバー入り。

いやー、めっけもんでした。

サーヴェロに乗るならやっぱり必要?

サーヴェロでなくても私はほしいです。

物欲エンジン始動かな?

| | コメント (0)

気持ちよくジテ2。

おはよーございまーす。

今日はとても気持ちよく汗かきながら

ジテ2できました。

朝早くだと風も心地いいのです。

夏とは思えないほど涼しい風が吹いているんです。

高気圧の関係らしいのですが、

過ごしやすいのはうれしい。

走っているときに、

ラジオ体操のカードをヒラヒラさせながら走っていきます。

昔はハンコをいっぱいもらうために

毎日通ったのを思い出します。

ちなみに8月6日の日曜の

全国巡回・朝のラジオ体操は、

今住んでいるわが地元の北名古屋市・師勝中学校からです。

体操のあとは、ジョギング大会とウォーキング大会もあるそうです。

真っ黒に日焼けした子供たちに会えそうです。

朝起きれたら、オペラでラジオ体操に出てこようかな。

| | コメント (0)

2006年8月 1日 (火)

梅雨明け後の曇り空。

昨日からどうも外の空気が涼しい。

いきなり秋になってしまったかのような天気

朝も帰りも涼しい中でのジテ2だった。

軽量化オペラだったので、ライトをはずしていたが、

帰りが7時を回ったため、実家においてあるシラスから

ライトをはずしてそれをつけて帰ってみた。

相手からは見えるのだろうけど、ライトがいかんせん暗い。

いつもの3灯LEDのバッテリータイプは明るいのだ。

夏至も回りだんだん日が早くなる。

夕暮れ時や夜間の事故にあわないように

安全に走りたいとおもいます。

| | コメント (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »